デレステ元ヘビーユーザーがミリシタ2周年イベントを真面目に走ってみた。

By | 2019年7月17日

はじめに

デレステの元ヘビーユーザーでありながらミリシタ歴6ヶ月でイベント上位入賞未経験のぼくが、今回はじめてミリシタのイベントで上位入賞(北上麗花Pt. 100位以内)を狙って走ったなかで抱いた葛藤や困惑、こうすればよかったなと思ったことなどをまとめてみました。まあいつもの自己満足です。

当エントリはミリシタまたはデレステの知識がある程度あることを前提として記載しています。なお「イベント上位」の定義は、デレステなら総合2000位。ミリシタなら総合2500位またはキャラ別100位への入賞とします。

ミリシタ2周年イベントとは

2019/7/1(月)0:00~7/13(土)23:59まで開催されたイベントです。総日数13日。計312時間にもおよぶ長い戦いのなか、北上麗花さんの100位を目標にして走ってみました。イベントはシアター形式になります。詳細はミリシタ攻略まとめwikiをご覧ください。

アイマス ミリシタ攻略まとめwiki 【イベント】[email protected]!!!!

シアター形式イベントというものは、デレステでいうアタポン形式(オトメモリ形式)と呼ばれているものとほぼ同じです。ただしミリシタにはうみみ走法という恐ろしいイベントの走り方が…。(以下後述

過去のイベント実績

ちなみにこれまでぼくがデレステ/ミリシタのイベントで上位入賞したものは

>デレステ
・Nothing but You 835位
・クレイジークレイジー 199位
・Pretty Liar 280位

>ミリシタ
・なし(シアター/ツアー系イベント 5,000位以内が3回のみ)

という感じなのですが、上にも書いたとおりミリシタでは上位入賞を狙ってイベントを走ったことがなく、正直不安しかありませんでした。

用語解説

ミリシタユーザーの方には説明不要だと思いますが一応。

・石
ジュエルのこと。課金アイテム。消費することで元気を回復させたりガシャを回したりできます。石50個で元気を最大値分回復させることができます。ちなみに価格は9,800円分まとめ買いした時の石単価は1.167円となります。 割ったり食べたりするもの。

・元気
スタミナのこと。元気の最大値はユーザーのLvに依存します。ちなみにイベントラン当初のぼくの最大元気は120でした(Lv153)。イベントラン時は1曲プレイまたはお仕事をすることで基本的に30*2=60の元気を消費するものと思って下さい。

・お仕事
デレステユーザーには聞き慣れない単語だと思いますが、ミリシタ特有の元気消費方法です。1回10~20秒程度で、イベント中は最大30*2倍消費で60の元気を消費して同数のライブチケットを入手することができます。

・ライブチケット
これを使用して通常楽曲をプレイすることによってイベントポイントとエンブレムが入手できます。お仕事で貯めたチケットは1曲最大450枚までまとめて使用できるので、元気を消費して楽曲をプレイするよりも高効率を叩き出すことができます。

・SV
通常楽曲”Sentimental Venus”のこと。ミリシタに実装されている曲の中で最も短いためイベントランでは基本的にこの曲を延々とプレイすることになります。下記のうみみ走法とあわせて単位としても呼ばれます。

・うみみ走法(チケット走法)
ミリシタのイベントランのキモです。お仕事でライブチケットを450枚貯めてSVをプレイすることをひたすら繰り返す走法です。お仕事→SVプレイまでの1セットが1SVと呼ばれます。

・オートパスチケット(人権)
デレステであればいわゆる「放置編成」で楽曲をプレイせずにクリアすることもできますが、ミリシタでは不可能です。かわりに(?)オートパスチケットを利用することで自動プレイが可能になります。オートパスチケットは無限に入手・使用できるわけではなく、お仕事や楽曲プレイ後のランダムドロップがメインの入手方法となります。約3分間の無操作時間を得られるため人権と呼ばれています。

前回の周年イベントとの差異

ぼくは昨年の周年イベントは経験していないのですが、2周年イベントにあたって

・リフレッシュタイム
・ブースト
・後半戦モード

この3点が実装されました。順を追って説明してきますと

・リフレッシュタイム
1日のうちに1回、指定した6時間はゲームをプレイしてもイベントポイントやエンブレムが入手できないという時間です。昨年の周年イベントでは無理をして倒れたり入院したりするプレイヤーが続出したそうで、どうやらその対策のようです。
しかし寝ずにイベント走り続けるというのは極一握りのトップランカーだけですので、今回担当100位入賞を目標とするユーザーに関してはほとんど恩恵がなかったと思います。

・ブースト
リフレッシュタイムを使用したあとに加算されるボーナスタイムです。任意のタイミングで使用でき、使用後30分の間イベントポイントとエンブレムの入手量が倍になるというものです。
時間制限なため、端末性能や軽量設定によるローディング回数、ネット回線の速度、不意のネット切断、アップデートの発生などによって30分間でのプレイ可能曲数がかわるという有利・不利が発生していました。もし今後のイベントでもブーストが導入されるであれば、時間制限ではなくプレイ回数での制限にしてくれると不公平感が減ってよいのではないかと思いました。(少し話が逸れますが、高性能端末を用いたうえでソロ2M・背景2D・楽曲やBGMを再生しないなどの過度な軽量化設定によるローディング短縮について、個人的にはミリシタの楽しさや良さを殺してしまうと思うのですが、目標や価値観はそれぞれなので難しいですね…。)

・後半戦モード
前半戦は2倍までエンブレムを消費可能なのですが、その倍の4倍消費してイベント曲をプレイできるというシステムです。これはデレステにもあるのでお馴染みかと思います。
後半戦モードはライトユーザーにとっては短時間でイベントポイントを稼ぐことができるというメリットがあるのですが、常に全力で走るヘビーユーザーにとっては、総出費額が増えるというだけでメリットがありません。また普段のイベント形式(通常7~9日間の開催)では後半戦モードは最大でも4日程度ですが、2周年イベントでは普段の倍近い長さの後半戦があるということで、ヘビーユーザーたちは震えあがりました。

ミリシタイベントラン前の想定と妄想

イベント詳細の発表前にぼんやりと想像していたのですが、仮に前年と同じ内容だとしたら、北上麗花さんの100位ボーダーは100万Pt.前後になるであろう。そのうえで元気(スタミナ)の回復に必要な石とプレイ時間を計算した結果「3万円程度課金して1日平均で5時間プレイすればいいだろう」と想定していました。
もし後半戦モード(エンブレムの4倍消費)があったとしても130~150万Pt.あたりがボーダーになるだろうと想定していました。今思うと見積もりが甘すぎて笑ってしまうのですが、当時は結構真面目にそう考えていました。
それよりもそんな的外れな計算をする暇があるのならば、カードやイベントのコミュをみて無料石を回収しておけばよかったです。

イベント中の行動と心境の変化

>前半戦
・7/1(月)0:00
0時にスタートダッシュし2時ごろ就寝。仕事中も合間を見てはうみみ走法。帰宅して何度かイベント曲をプレイするといった感じでした。溜め込んでいた元気回復アイテムをところどころで利用していたにもかかわらず、石収支は1日で-12K(-14,000円)。うっそだろお前。

・7/2(火)
石がガンガン溶けていくのをみて危機感がマッハ。見積もりが甘すぎた。まずは覚醒済みのSR・SSRやイベントのコミュを見る(スキップする)ことにより無償石を回収することにしました。ほぼ半日かけて合計22,000石ほど獲得。おっ、これでいけるやん?

・7/3(水)
今日もうみみ走法。元気の最大値が低いため時間あたりの石消費が非常に多く、かつお仕事やライブ後のドロップ次第ではオートパスチケットが所持可能数からあふれる可能性が。さらに経験値効率も考えると、このペースで走り続けることに二の足を踏みはじめました。キャラクター別で北上麗花さんの100位が目標とはいえ、北上麗花さんは昨年のイベント実績からみて中の下ぐらいの人気です。そう考えたときに

「最上位はともかく、100位以内でエンブレムを貯めている人はそう多くはないのでは…?」
「人権が溢れてドロップしなくなるのはもったいないのではないか」
「後半戦でただひたすらイベント曲のみをプレイし続けられるのか…?」

と考えるようになりました。こうなると心は弱い方へ、意識は低い方へ流れていきます。いま思えばこの考えは間違いでした。よほどオーバーランしない限りは到達ポイントまでの総出費額は大してかわらないので、時間効率だけを考えて前半戦はひたすらうみみ走法で走るべきでした。

・7/4(木)~7/5(金)
このあたりで無料石が枯渇。想定内だったので3万円課金で石をチャージ。100位ボーダーのペースが想像以上に落ちたのもあり、エンブレムが微増する程度にうみみ走法とイベ曲プレイを繰り返した結果、一時的とはいえ最高順位が13位まで上がりました。あくまでも見た目上の順位ですが。

・7/6(土)
秋葉原で開催されるミリシタ2周年のリアルイベントに参加するため、朝から新幹線で関東入り(移動中にブーストを1回消化)→秋葉原でクリノコさんとミリシタコラボを廻って満喫→昼からイベント観覧→夕方はいけさん・このともさんの3人で東京ドームで野球観戦→横浜にて飲み会→いけさん宅にお邪魔して日が変わる前に寝落ち→7/7(日)10時に起床して「えっ、後半戦はじまっとるやん!?」というイベント走者としてはいただけないムーブをかましました。

・前半戦総括
前半戦が終わって約62万Pt.の31位で、100位ボーダーに25万Pt.ほどの差をつけていました。 見た目の順位では10位台~40位程度につけてはいましたが、それなりにエンブレムを消費していたので、実際の順位は50~100位ぐらいだったのではないかと思います。土日で丸一日おでかけしたのはともかく、回線が安定しない新幹線でブーストを消費した結果30分で6SVしかできなかったことと、後半戦モードの開始タイミングを完全に読み違えたのは反省点です。

>後半戦
・7/7(日)
横浜でゆっくり昼ご飯を食べてお土産まで物色して新幹線で帰宅。新幹線の中ではひたすらエンブレム貯め。帰宅した16時ごろから4倍でイベント曲を開始。ブースト消化タイミングの悪さや4倍消費が出遅れたのは間違いなかったのですが、想定していたほどボーダーは伸びなかったのもあり、この時は全く焦っていませんでした。

・7/8(月)~7/9(火)
仕事中は等倍うみみ走り。帰宅後は4倍イベント曲といった感じで進行していました。平日のためかボーダーがさほど伸びず順位も落ちずで慢心しはじめていたと思います。

・7/10(水)
エンブレムが枯渇しました。すでにこのイベントのためだけに5万円ほど課金していたので引くに引けない状態です。追い課金で2万円追加。このあたりから頭の中は

「つらぁい…」
「なんで100位称号のためにこんなことしてるんだ」
「俺以外のオタク寝てくれ…」

とネガティブな感情に支配されはじめます。しかしすでに投入したお金が惜しく、いまさら走るのを止めることはできません。心を殺しながらうみみ走法。溶けていく石は見ないふり。ポイント上では100位ボーダーとは40万Pt.くらい差をつけていましたが、心に余裕は全くない状態です。「もしかしてみんなエンブレムを貯めているんじゃないか…?」と疑心暗鬼になってきます。

・7/11(木)
起きてる間は100位ボーダーの時速と日速を常に確認しながらセーフティリードを保ち続けるようにしました。ボーダーのペースが上がればそれにあわせて逃げる。普通に考えると追いかけるよりも逃げる方が間違いなく楽なのですが、周年も含めてミリシタのイベントを走るというノウハウがない状態だったので常に怖かったです。100位ボーダー自体はかなり低調で差は縮まっていなかったにもかかわらずです。

7/12(金)0:00
推定の最終ボーダーである165万Pt.に到達。手持ちのエンブレムを使い切れば175万Pt.まではいける。倒れたりしない限りはもう大丈夫だろう。ただこの推定ボーダーも後半戦がはじまってから何度も上方修正したものなので気が抜けません。

・7/13(土)0:00
178万Pt.に到達。この時点で100位ボーダーは140万Pt.でした。ここで勝利を確信。走るペースを落とそう。今日は昼までぐっすり寝れそうだ。最終日なので前日の2倍は積んでくるだろうと想定して175万Pt.に三度上方修正。

・7/13(土)12:00
2週間ぶりの6時間以上睡眠でした。もう無理して走る必要もなかったのですが、エンブレムがまだ残っていたので経験値稼ぎをかねて等倍でイベント曲を消化していくことにしました。

・7/13(土)23:30
ほぼ計算通りの時間で200万Pt.に到達。最後にポイントを微調整しておしまい。いやーつらかった。こんなイベントはもうこりごりだ…。

獲得ポイントと順位の推移など

12時間ごとの北上麗花Pt.100位ボーダーと、自分のポイント数、ボーダー差、順位の推移、その他自分用に作成した計算表などを雑多にまとめたものをGoogle スプレッドシートで管理していました。

ミリシタ2周年イベント ポイント推移表/効率計算 – Google スプレッドシート

消費アイテムなど

石:約75,000 (無償石含む)
Lv:153→238
イベント曲プレイ回数:1,024回

感想と反省点

イベント前からあーだこーだ考えてたわりにはまともに準備もせずはじめてしまいました。結果的になんとかなったものの、ツッコミどころが多い内容でした。走っていたなかで思いついたことをつらつらと書いていきます。

>開始前
・事前に無償石の回収をしておく。
・プレイに割ける時間を想定しておく。
・最終目標順位と撤退ラインを明確にしておく。
・いくらまで課金するか(してもいいか)を考えておく。

>前半戦
・一時的な順位で一喜一憂しない。
・財布が許す限りうみみで走ってエンブレムを貯め続ける。

>後半戦
・後半戦モード開始のタイミングに注意する。
・4倍スタートダッシュで置いていかれないようにする。
・前半で貯めたエンブレムを日割りして消化する意識をもつ。
・最終日の伸びは休日の倍を想定しておく。

>その他
・常に目標順位よりも上に位置取るようにする。
・自分でボーダーを想定して右往左往することに意味はない。
・同業のTwitterを監視することによって安心が得られるとは限らない。

デレステとミリシタのイベントラン比較

イベントの上位入賞を目的としたイベントランを行った際の比較です。 身も蓋もない言い方なのですが、必要なものは時間とお金だけです。あとは実行するかどうかです。

・実操作時間
デレステは編成するキャラクターのスキルによってはプレイヤーは楽曲をプレイせずともクリアできるいわゆる「放置編成」というものがあり、ユーザーがイベントランをするにあたって行う必要があるのは楽曲選択とスタミナの回復だけになります。
ミリシタではデレステでいう放置編成というものが存在せず、運が悪いとオートパスチケットのドロップを祈りながらひたすら手動でプレイする必要があるため、ユーザーの実操作時間は長くなります。

・出費
デレステのアタポン形式でイベントランする場合、1周3分の曲を放置編成で回すとして必要なスタミナは380/hとなります。Lvにもよりますが50石でスタミナが120回復するとして-174円/h程度です。(※190723追記) 恥ずかしながらスタミナ2倍消費のことを完全に失念していました。1周3分の曲で回す場合の消費スタミナは760/hで、スタミナ120/50石の場合367円/hとなります。ちなみにGRAND LIVEのPianoだと483円/h、Forteだと580円/hです。
ミリシタは1SVが完了するまでに必要な時間がおよそ4.5分なので、1時間あたり必要な元気は450*13回=5,850/hとなります。石換算すると最大元気が120の場合2,450石/hとなり、金額に換算すると-2,834円/hとなります。

・両者を比較して
こうして書くとミリシタの辛さが際立つのですが、デレステで放置編成を構築するにはそれなりの額を課金してガシャでキャラを揃えないといけないので注意が必要です。もちろん放置編成なしでもイベントランは可能ですが、実操作時間はミリシタと比較にならないくらい増加します。
ミリシタのイベントランはユーザーに等しく厳しいのですが、走り方に選択肢があることと、上位入賞を目的にした際、スタートラインに立つための費用が発生しない点を差し引いてやる必要があります。またミリシタは何かしら理由をつけて常に無料石を配っているような状態ですので、 常にイベントで入賞を目指して走るとかではなければ石収支はトントンかプラスにできると思います。

どちらのゲームにもある程度課金しているぼくからすると、ミリシタの方が肉体的にも精神的にも金銭的にもダメージがあるという結論になりました。

おわりに

総合上位や担当100位を狙って走られた方も、担当1000位を狙われた方も、ポイント報酬を回収された方も、まったりデイリーのみ回収された方も、ミリシタ2周年イベントに参加されたすべての皆さんお疲れ様でした。

今回の2周年イベントを無事に完走できたのは、ボイスチャットしながら一緒に走ってくれたsyouさん。ニコ生を視聴・コメントしてくださった皆さん。Twitterで一緒にイベントランで盛り上がってくれたHidetsuさん・せいどうさん。皆さんのおかげです。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

2 thoughts on “デレステ元ヘビーユーザーがミリシタ2周年イベントを真面目に走ってみた。

    1. relorah Post author

      イベントおつかれさまでしたー。
      ひでつさんの走りっぷりをはるか後ろから眺めるくらいしかできませんでしたが楽しかったです。
      次は影が踏めるようになるぐらいには頑張りたいですねー。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.